君が大人になったその季節が悲しい歌で溢れて仕舞わぬよう


森山直太朗 君は五番目の季節歌词

07/03 06:36
君は五番目の季節 - 森山直太朗 詞:森山直太朗/御徒町凧 曲:森山直太朗/御徒町凧 君と別れて いくつかの季節が過ぎていった 僕はもう君の知らない町で 君の知らない歌を唄っているよ 勝手気侭な タンポポの綿毛を指で追って 国道の緩いカーブを超えて あの日のままの君の影を抱いた それ故に 春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来て 今年もまた君がやって来る 君は僕に訪れる 五番目の季節 君は五番目の季節 何故に世界は こんなにも麗らかで悲しいんだろう 夢にまで及ぶ君の遺香を 返す返す暮れる空に放った

日本ACG こんな季節が歌词

11/16 23:17
中原麻衣 こんな季節が 千歳(中原麻衣) 作詞:山田稔明 作曲:山田稔明 風が通りすぎる大通りを おんなじ歩幅で歩いてく まぶしくて翳した君の手が 僕のシャツに影を映し出す 伝えたい言葉が多過ぎて 駅までの距離じゃ足りなくて またねって手を振る君のこと 僕はずっと眺めていたんだ こんな季節が果てしなく続けばと.そう思ってる 夏の空が鮮やかな夕焼けに染まる 夕立が赤い傘を揺らし 僕らの会話はかき消され いつもより顔を近づけて 捧げたい言葉があるんだ こんな季節が果てしなく続けばと.そう思ってる 雨

Sincrea 桜舞い散る季節に君が夢見たこと歌词

05/27 05:27
桜 舞い散る季節に 君が夢見たこと 涙 花びらの中に 僕がなくしたもの 風が歌うメロディー 少し風がまだ冷たい季節 希望だけを抱え ドアを開いた 手を振るとき君がくれた笑顔 離ればなれになる意味も知らずに こんなに こんなに 愛しいのに もう君の夢が見えない 戸惑いうつむいた横顔に きれいな花が零れてゆく 桜 舞い散る季節に 君が見つけたもの 涙 花びらの中に 僕が見つめたもの 風に惑うメロディー 無邪気なまま夢を見てた日々が いつの間にか 遠い過去に紛れる こんなに こんなに 会いたいのに 小

日本ACG 君といるこの季節に…歌词

09/15 11:50
作词:橋本みゆき 作曲:田辺トシノ 编曲:田辺トシノ 歌:橋本みゆき 少し黙っただけで 君は心配そうに 顔をのぞきこんで首を傾ける 「寒くない?」そっと肩抱き寄せ 微笑むとあたたかい瞳(め)をしてる 君のいない毎日を想像してみた モノクロの画(え)になった いつからか...もう 心の奥に君が焼きついてる ふわり舞い降りてきた 曇り空の落し物 もうすぐ会えるんだね 白に染まる街 風に乗り香る金木犀 忘れない 君といるこの時間(とき)を 君と歩む毎日を思い描いたら やさしさがあふれていく このままで

里アンナ 過ぎゆく季節歌词

01/10 07:10
瞳閉じて 浮かぶ君の姿 光の中 一時でも 炎が残る 温もりに願うの 儚い夢 囁いて 満ちゆく祈り 上弦の月へ 叶わないと知ってても さよならの言葉を 口に出さずにいるの 切ない思い出が 溢れ出すから 面影も笑顔も 心に生き続ける 過ぎゆく季節が 流れても 欠けゆく祈り 上弦の月へ 戻れないと知ってても 愛しきあの声は 今も私を包む 優しい微笑みは 色褪せぬまま もう一度聞かせて 柔らかな愛の歌 二人の季節に戻るから 面影も笑顔も 心に生き続ける 過ぎゆく季節が 流れても 专辑:水無月 歌手:里ア

VOCALOID 白の季節歌词

08/07 21:05
白の季節 作詞:ゆうゆ 作曲:ゆうゆ 編曲:ゆうゆ 唄:初音ミク by:CHHKKE 悴んだ手を合わせ/将冻僵的双手交握 人の波を掻き分け/拨开汹涌的人潮 温もりを求めては/再进寻暖意的同时 届かない明日を夢見る/幻想着碰触不到的明天 白いカケラ重なり合い/洁白的碎屑交互重合 やがて世界を染めて/迅速的浸染了世界 僕の歌声も響かないよ/我的歌声也因此沉默 冷えた心温めてほしい/愿受冻的心能获得温暖 白の季節 全てを隠さないで/雪白的季节 请别将一切藏去 君に聴いてほしいこの声を/想要让你聆听的这

日本ACG Eternal love~眩しい季節~歌词

03/22 05:43
眩しい季節 君と超えてゆく Eternal love-眩しい季節- 「D.C.P.S.-ダ·カーポ-プラスシチュエーション」ED2 作詞:rino/作曲:rino/編曲:大久保薫 歌:rino 春の光に包まれて 二人してはしゃいだコト ハートのポケット暖めた 想いでを重ねてく あの日交わした あの約束 そっと永遠に触れた 「アイシテル-」 溢れそうなこの気持ちは 枯れることのない花 眩しい季節 君と超えてゆく 言葉よりも見つめていて 惹かれ合えた幸せ 抱きしめて行こう きっと これからもずっと

RADWIMPS 何十年後かに「君」 と出会っていなかったアナタに向けた歌歌词

06/01 03:54
RAD-給幾十年後未能與「你」相遇的你 譯byMANYETHA:低完成度 *此歌人稱真亂-----以及我沒信心所以敬待高人指點.以及繁體它只是搜狗繁體而已不要在意-- 曾經喚為愛戀的季節 如今被稱作什麽? 起誓相愛的那句話 還仍在其中哭泣著嗎 lalalalalalala lalalalalalala lalalalalalala 「愛著你」這句話 還依舊相信著等待著 與「已成過去了」這句話 頑強地戰鬥著 對著曾幾何時成了謊言的那句話 你是怎么說的呢 爲了現在積累至今的過去的「你」 這么一來又要

事務員G 白の季節歌词

10/12 15:04
悴んだ手を合わせ 人の波を掻き分け 温もりを求めては 届かない明日を夢見る 白いカケラ重なり合い やがて世界を染めて 僕の歌声も響かないよ 冷えた心温めてほしい 白の季節 全てを隠さないで 君に聴いてほしいこの声を 待ち焦がれて紡いだ春よ鳴り響け 永久に 壊された時計の針 途切れた電話のベル 繋いだ手の優しさは どこかに置き忘れてきた -大事なことを何一つ伝えられないまま- -時間だけが流れて行く- -街も人も誰も 私を置き去りにする- -冷たい 寒い 冬が来る- まだこの声枯れてはいないから

amazarashi 季節は次々死んでいく歌词

11/15 20:35
季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる 色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋 泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて 僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ 雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと 後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽

石川智晶 僕の空に季節はずれの雪が降る歌词

10/20 18:31
僕の空に季節はずれの雪が降る 作詞/作曲 :石川智晶 編曲 :西田マサラ 歌: 石川智晶 歌词整理&添加:御名方守矢 ほら僕の空に季節はずれの雪が降って 見上げた白く眩しいもの どこで生まれたとか 何をして来たとか そんな重ねて来た過去が体を重くさせると なのに悲しいくらいそれなしではいられない 君に真っすぐ歩いても行けなくて ほら僕の空に季節はずれの雪が降るのは 遅咲きの花には寂しい この白い毛布に隠れて咲くような人間に 君は本気で話してくれないはずだから 無人の滑走路にいつまでも立てない人間

amazarashi 季節は次々死んでいく (acoustic Version.)歌词

07/07 21:25
季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる 色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋 泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて 僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ 雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと 後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽

熊木杏里 桜見る季節歌词

07/04 01:46
たくさんの人の たくさんの夢が 混ざり合い 希望に変わる 風によぎった あなたの声に 私は今 呼び止められた 幾つもの日々が それぞれに今 旅立ちの唄を歌ってる 乗り越えるのは自分なんだって あなたはそう 駆けだしてゆく 桜の下をゆく 春の足音には 明日へ向かう人の香りがして 泣いてしまったって 歩き出すんだって 私にささやくよ 桜の色に舞う 薄紅色の時 未来が開いて花になって 変わらないんだって でも変わるんだって 季節をあなたはくれた人 なくしたものと 手にするものは いつも同じではないんだ

熊木杏里 桜見る季節 AL Ver.歌词

04/28 16:20
桜見る季節 歌手:熊木杏里 作詞:熊木杏里 作曲∶熊木杏里 たくさんの人の たくさんの夢が 混ざり合い 希望に変わる 風によぎった あなたの声に 私は今 呼び止められた 幾つもの日々が それぞれに今 旅立ちの唄を歌ってる 乗り越えるのは自分なんだって あなたはそう 駆けだしてゆく 桜の下をゆく 春の足音には 明日へ向かう人の香りがして 泣いてしまったって 歩き出すんだって 私にささやくよ 桜の色に舞う 薄紅色の時 未来が開いて花になって 変わらないんだって でも変わるんだって 季節をあなたはくれ

彩冷える 桜舞う季節に歌词

10/24 20:20
歌:彩冷える 作詞:彩冷える 作曲:彩冷える 君が見えなくて 僕も見えなくなって こんなにも傍にいたのに 君と過ごした日々 当たり前な温もりは消えて 夏に恋をして 秋に寄り添い 冬を越えて 桜舞う春 想いよ すれ違うなんて 君のふてくされた顔が大好きで わざと怒らせては 頭を2回撫でて 両頬を軽くつねるの まるで「ありふれた恋の歌」のような それは2人だけの 仲直りの合図 僕は 形ばかりを追い求めて 肝心なものが見えなくなってた 僕が見てたのは 隣で微笑む君じゃなかったんだよね 君が見えなくて

ゆうゆ 桜の季節(八王子P MIX)歌词

04/30 03:01
歌:ゆうゆ 作詞:ゆうゆ 作曲:ゆうゆ さくら さくら さくら さくら 咲かせておくれ 桜咲く頃に僕はここに戻ると誓った 君と見上げた空をいつまでも覚えてるよ 「あんなに綺麗な花はないよ」とはしゃいでいた横顔 風に吹かれて花びら高く高く昇ってく 時が過ぎて流れた涙も渇いて 誰もが二人を忘れてしまっていても さくら さくら 舞い踊るように あたたかい想い出包み さくら さくら 咲かせておくれ あの人のいない道を 独りという長い旅に僕はもう疲れ果てて 君の遺した記憶 春は遥か遠くの場所 ただ会いたい

川嶋あい 12個の季節 ~4度目の春~歌词

02/19 05:32
12个の季节-4度目の春 歌手:川嶋あい 作詞:川嶋あい 作曲:川嶋あい 初めて会った頃より 比起第一次与你相见 ずいぶん髪が伸びたよね 你的秀发长了不只一点 僕にとってこれが最初の恋 这是我的初恋 と知ったのは桜の下 樱花树下我发现 コンビニの角を曲がり 转过街角的便利店 いつもの駅へかけてゆく 跑向熟悉的车站前 仲間に隠れながら君の 躲藏在同伴之间 ちらつく横顏を見てた 看着你忽隐忽现的侧脸 照れくさいね君が見てると 你望过来让我心跳无限 放課後の熱いバスケ 放学后的篮球场上 セピア色した夢

やまだ豊 季節は次々死んでいく (TV edit)歌词

01/22 08:30
季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる 色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋 僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ 雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸らびた命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも 季節は次々生き返る 专辑:東京喰種 オリジナルサウンドトラック 歌手:やまだ豊 歌曲:季節は次々死んでいく (TV edit)

EXILE ATSUSHI 桜の季節歌词

06/20 07:19
桜の季節 EXILE ATSUSHI 作詞:ATSUSHI・Tatsuro Mashiko 作曲:ATSUSHI・Tatsuro Mashiko いつも同じ 季節なのに 少し切ないのはなぜ それはきっと 別々の道を 歩く事を 分かっているから 当たり前の様に毎日が 過ぎていったよね あっという間 机の落書きも もう二度と 見る事もないのかな なぜか涙が溢れ出す くしゃくしゃな君の 楽しそうな笑顔も 悔しそうなその泣き顔も 大切に胸にしまっておくから ずっと 桜の季節 お別れだね- あれはきっと

舞風 願いを呼ぶ季節歌词

08/07 21:23
Descriptionサークル:舞風 収録CD:東方夢想夏郷 第2話 オープニング・エンディング テーマアルバム 作詞・作曲・編曲:TOKINE {歌詞} 仰げば見える 夏の夜空が 本当は寂しくて... 飾らない今 この瞬間を 手放したくないと願っていた ただ何度も繰り返し舞い詠って... 重ねてゆく日々に再び 目を開いて 千の願いを呼ぶ季節が 夜を超えて明日へ行方をささやく 本当の奇跡を知るその時まで 忘れないでよ ずっと... 今宵始まる この場所から 皆の声が高くこだまする 未だ幼いこの手