中村中 家出少女歌词


「さがさないで テーブルに書き置き
ください」と せめてもの尊敬
さぐらないで 街を出た理由は なくしてた笑顔を探すため

母さんの子で良かったな
どんなに自分勝手でも そらさない 強いまなざし

何時に帰るかなんてわからない 街では何が起こるかわからない
そんな時代だもの
自分の心くらいは信じたい 小さな憧れだけど信じたい
ずっと ずっと

他人が言う綺麗な場所なんかに
幸せがあるとは思えない

泥を飲み込み塗れても
いつか手にする幸せは 体温を感じるものがいい

力がなくなるまでは走りたい 自分で選んだ道を走りたい
どんな暗闇でも
私に守れるものを見つけたい 命をもらえた意味を見つけたい
いつか いつか いつか

誰かの腕の中では笑いたい 怯えるわけを忘れて眠りたい

何時に帰るかなんてわからない 街では何が起こるかわからない
そんな時代だもの
自分の心くらいは信じたい 体が熱くなるのを感じたい
ずっと ずっと ずっと
ずっと ずっと ずっと

  • 专辑:家出少女
  • 歌手:中村中
  • 歌曲:家出少女

中村中 家出少女歌词

相关歌词

IOSYS Unlocked girl - 密室を出た少女歌词

12/14 19:51
Unlocked girl - 密室を出た少女 Arrange ARM Vocal 3L Lyrics GIGYO Guitar ARM まだ降る雨 止めて 圖書館から 氣紛れふらり出かけよう わたしらしくないね? そこの黑白 出鱈目うつったみたい 本に埋もれわたし一人 きっと少しは寂しかったかも 書を捨てず 外に出よう ひねくれた わたしのまま アイツの真似 できないから 皮肉屋の わたしのままで 魔道書 取り返しに 魔法の森 行ってみようか 本と一緒に 步いていこう 私らしいままで 變わって

VOCALOID 家出少年と迷子少女歌词

12/03 13:32
家出少年と迷子少女 /離家少年與迷途少女 作詞:cosMo(暴走P) 作曲:cosMo(暴走P) 編曲:cosMo(暴走P) 唄:GUMI 翻譯:MIU by:CHHKKE 忘れたいコトがあるんだ-- /有想遺忘的事物-- ここであったこと ここで見たこと /這裡發生的事 這裡見過的事 キミはどこへ行ったのかを /你要去向哪裡呢 消し去りたいモノがあるんだ-- /有想消去的事物-- 暗闇にひとりぼっちで取り残された /一個人被殘留在黑暗之中 ワ タ シ を /這樣的我 ある朝 キミは突然姿消した

HoneyWorks 吉田、家出するってよ歌词

11/17 16:41
彼は言う「ノロマな時計だ」 針は数ミリだけ動いた 彼は「飽きたぜ」と漏らして メロンパンを少し残した 机に入れた手紙はこれで九通目になりました まだ返事はなく今日は待っています 彼の世界を覗きたいのに視線が合うことなくて テレパシー送れば深層分かるかしら ジョニーだけがアイツのこと気づいていた 明日が決行の時なんだと 特別かける言葉もなかった 財布にあった五千円を渡した ノロマな針変わらず 知らぬ39の他人様 盲目に動き出す 変わる40番目何様 彼は言う「ノンキな時計だ」 針は数ミリだけ動いた

群星 出塞曲歌词

11/19 15:01
请为我唱一首出塞曲 用那遗忘了的古老言语 请用美丽的颤音轻轻呼唤 我心中的大好河山 那只有长城外才有的清香 谁说出塞歌的调子太悲凉 如果你不爱听 那是因为歌中没有你的渴望 而我们总是要一唱再唱 想着草原千里闪着金光 想着风沙呼啸过大漠 想着黄河岸啊阴山旁 英雄骑马壮 骑马荣归故乡 英雄骑马壮 骑马荣归故乡 群星 - 出塞曲 歌词编辑:情绪 请为我唱一首出塞曲 用那遗忘了的古老言语 请用美丽的颤音轻轻呼唤 我心中的大好河山 那只有长城外才有的清香 谁说出塞歌的调子太悲凉 如果你不爱听 那是因为歌中

小南泰葉 藁人形売りの少女歌词

12/10 12:29
蝋燭(あかり)を消して 願いを込めた 藁の人形 黄色いお人形 親を捨てた夜に観た満月 千切れる手足 足枷はもうない 不幸な少女は 街を抜け出した 床に寝転び 鼠と遊び倒し いつもと変わらぬ朝を 明日迎えるんだろう 瀕死に少しだけ湧く期待も きっと裏切られるんだろう 夢燃やして見る星空に 白いレースに 赤い刺繍糸 籠から覗く 藁人形 小脇に黒い猫を抱えて 人気のない街角に佇む 今夜も一人 暖をとりながら 空に浮かんでは消える夢を見る いつもと変わらぬ朝を 明日迎えるんだろう 瀕死に少しだけ湧く期待

鹿乃 幽霊屋敷の首吊り少女歌词

12/06 14:27
或る夏.影を伸ばすような夕暮れ カラスが鳥居の上で聞いた噂 耳打つ子供の声 夏祭り.揺ラリ. 裏山の小道.トンネルの向こうに ポツリと古び眠る屋敷があって 首吊った少女の霊が夜な夜な出るそうだ 好奇心で立ち入る人達 「言っただろ.出るはずない」と 軋む階段 揺れる懐中電灯 誰も気付いてはくれないや 「私.死んでなんかない.」って 暗がりに浸かって そっと強がって澄ましても 過ごした日々と共に 止まった針は埃被って また声枯らして今日が終わって 明日が窓に映り込んでも 私は此処にいます. 季節を束

歌ってみた 林檎売りの泡沫少女歌词

11/12 17:33
遠い遠い時の果て そこに住まう人は皆 永遠の命をもつ世界での話 赤い実の成る木の下 La La Lu La 生まれながらに 死の呪いがかけられた少女の話 色付いた街外れ 蒼く光る湖畔 赤い実のお菓子屋 ちょっぴり寒くなった今日は妙に誇らしげ 自信作を売りにゆく 待ってて 今度こそ 美味しいんだから 時計塔の見える市 驚いた 珍しく賑やかね La La Lu La Lucky!! 物憂げな街の隅 ひとり 赤い実のパイどうですか 自信作なの そんなのひとつも売れないさ 少女を見て蔑む人達 みんなと何

分島花音 読書家姫君歌词

12/07 09:50
私の中にはまだ锁にかかって 出番をまってるわたしがもう一人いて 打たれた拍子に入れ换わって支配する 理想の全てを夺ってゆくの ヒロインのよう 本当の爱が见たい 活字の中で 望んだシーンのデジャヴ 梦みてばかりいる 小さなお姫様 架空の短编小说 シナリオは思い通り 鼓动が叫ぶ程 あなたに恋をして このまま窒息しそうよ そんな恋はいかが? いつまで恐怖を隠して生きるつもり? 安全地带に正座をしても べーじをめくれば私に语りかける 全部作られた伪りの世界 気づいてる ほんとの恋がしたい 现実のストーリ

トーマ 幽霊屋敷の首吊り少女歌词

11/26 08:31
幽霊屋敷の首吊り少女 作詞:トーマ 作曲:トーマ 編曲:トーマ 唄:GUMI 或る夏.影を伸ばすような夕暮れ カラスが鳥居の上で聞いた噂 耳打つ子供の声 夏祭り.揺ラリ. 裏山の小道.トンネルの向こうに ポツリと古び眠る屋敷があって 首吊った少女の霊が夜な夜な出るそうだ 好奇心で立ち入る人達 「言っただろ.出るはずない」と 軋む階段 揺れる懐中電灯 誰も気付いてはくれないや 「私.死んでなんかない.」って 暗がりに浸かって そっと強がって澄ましても 過ごした日々と共に 止まった針は埃被って また