友川かずき サーカス 歌词


中譯版轉自網絡,非原創
請參考:http://www.douban.com/group/topic/7011238/

幾時代かがありまして
茶色い戦争ありました
      
幾時代かがありまして
冬は疾風吹きました
      
幾時代かがありまして
今夜此処(ここ)での一(ひ)と殷盛(さか)り
今夜此処での一と殷盛り
      
サーカス小屋は高い梁(はり)
そこに一つのブランコだ
見えるともないブランコだ
      
頭倒(さか)さに手を垂れて
汚れ木綿の屋蓋(やね)のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
      
それの近くの白い灯が
安値(やす)いリボンと息を吐き
      
観客様はみな鰯
咽喉(のんど)が鳴ります牡蠣殻(かきがら)と
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
      
屋外(やぐわい)は真ッ闇(くら) 闇(くら)の闇(くら)
夜は刧々(こふこふ)と更けまする
落下傘奴(らくかがさめ)のノスタルヂアと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

-------------------------------------

馬戲團

經過了多少個時代
有褐色的戰爭
    
經過了多少個時代
有冬日刮過的疾風
    
經過了多少個時代
今夜唯有此處繁盛
唯有此處今夜繁盛
    
馬戲團那棟房梁高聳的戲棚
有只鞦韆
看也看不見的鞦韆呵
    
頭倒掛手垂下
骯髒的木棉戲棚底下盪:
咻——嘯——吖哟
    
那慘白的燈和著
廉價的髮飾和繃緊的喘息
    
看客們這些沙丁魚
跟著牡蠣殼張著喉嚨嘶叫:
咻——嘯——吖哟
    
屋外真暗 暗裡壓著暗
捱著永難復回的夜
降落傘下那家伙的鄉愁呵
咻——嘯——吖哟

  • 专辑:俺の裡で鳴り止まない詩
  • 歌手:友川かずき
  • 歌曲:サーカス

友川かずき サーカス 歌词

相关歌词

友川かずき 六月の雨歌词

11/08 00:32
山に清水が流れるやうに その陽の照つた山の上の 硬い粘土の小さな溝を 山に清水が流れるやうに 何も解せぬ僕の赤子は 今夜もこんなに寒い真夜中 硬い粘土の小さな溝を 流れる清水のやうに泣く 母親とては眠いので 目が覚めたとて構ひはせぬ 赤子は硬い粘土の溝を 流れる清水のやうに泣く その陽の照つた山の上の 硬い粘土の小さな溝を さらさらさらと流れるやうに清水のやうに 寒い真夜中赤子は泣くよ 专辑:中原中也作品集 歌手:友川かずき 歌曲:六月の雨

友川かずき 春の日の夕暮歌词

06/09 10:41
トタンがセンベイ食べて 春の日の夕暮は穏かです アンダースローされた灰が蒼ざめて 春の日の夕暮は静かです 吁! 案山子はないか――あるまい 馬嘶くか――嘶きもしまい ただただ月の光のヌメランとするまゝに 従順なのは 春の日の夕暮か ポトホトと野の中に伽藍は紅く 荷馬車の車輪 油を失ひ 私が歴史的現在に物を云へば 嘲る嘲る 空と山とが 瓦が一枚 はぐれました これから春の日の夕暮は 無言ながら 前進します 自らの 静脈管の中へです 专辑:中原中也作品集 歌手:友川かずき 歌曲:春の日の夕暮

友川かずき 桑名の駅歌词

02/16 20:35
桑名の夜は暗かつた 蛙がコロコロ鳴いてゐた 夜更の駅には駅長が 綺麗な砂利を敷き詰めた プラットホームに只独り ランプを持つて立つてゐた 桑名の夜は暗かつた 蛙がコロコロ泣いてゐた 焼蛤貝(やきはまぐり)の桑名とは 此処のことかと思つたから 駅長さんに訊ねたら さうだと云つて笑つてた 桑名の夜は暗かつた 蛙がコロコロ鳴いてゐた 大雨の.霽(あが)つたばかりのその夜は 風もなければ暗かつた 「此の夜.上京の途なりしが.京都大阪間不通のため.臨時関西線を運転す」 专辑:中原中也作品集 歌手:友川かず

友川かずき 夏の日の歌歌词

05/06 23:31
青い空は動かない. 雲片一つあるでない. 夏の真昼の静かには タールの光も清くなる. 夏の空には何かがある. いぢらしく思はせる何かがある. 焦げて図太い向日葵が 田舎の駅には咲いてゐる. 上手に子供を育てゆく. 母親に似て汽車の汽笛は鳴る. 山の近くを走る時. 山の近くを走りながら. 母親に似て汽車の汽笛は鳴る. 夏の真昼の暑い時. 专辑:中原中也作品集 歌手:友川かずき 歌曲:夏の日の歌

友川かずき 湖上 歌词

10/10 13:20
湖 上 輕盈的月亮升起來时 我們駕著小舟出去玩吧 讓細波輕輕地拍打 讓風兒柔柔地吹 遠處的湖很有趣吧 當棹子劃過水面 就像呢喃的細語 偶爾會打斷我們的交談 月亮也在傾聽嗎 離我們再近一點兒就好了 我們接吻時 讓月亮站在我們的背後 你變得那麼健談了 似乎有點率性 我在耐心地聽著呢 --但是不要停下劃槳的手 輕盈的月亮升起來时 我們駕著小舟出去玩吧 讓細波輕輕地拍打 讓風兒柔柔地吹 专辑:俺の裡で鳴り止まない詩 歌手:友川かずき 歌曲:湖上

友川かずき 臨終歌词

05/19 15:21
秋空は鈍色にして 黒馬の瞳のひかり 水涸れて落つる百合花 あゝ こころうつろなるかな 神もなくしるべもなくて 窓近く婦の逝きぬ 白き空盲ひてありて 白き風冷たくありぬ 窓際に髪を洗へば その腕の優しくありぬ 朝の日は澪れてありぬ 水の音したたりてゐぬ 町々はさやぎてありぬ 子等の声もつれてありぬ しかはあれ この魂はいかにとなるか? うすらぎて 空となるか? 专辑:中原中也作品集 歌手:友川かずき 歌曲:臨終

梁汉文 七友 (Live)歌词

01/14 21:37
梁汉文 - 七友 作曲: 雷颂德 作词: 林夕 为了她 又再勉强去谈天论爱 又再振作去慰解他人 如难复合便尽早放开 凡事看开 又再讲 没有情人时还可自爱 忘掉或是为自己感慨 笑住说沉沦那些苦海 会有害 因为我坚强到利用自己的痛心 转换成爱心 抵我对她操心 已记不起我也有权利爱人 谁人曾照顾过我的感受 待我温柔 吻过我伤口 能得到的安慰是失恋者得救后很感激忠诚的狗 谁人曾介意我也不好受 为我出头 碰过我的手 重生者走得的都走 谁人又为天使忧愁 甜言蜜语没有 但却有我这个好友 直到她 又再告诉我重新

Tacke竹桑 川歌词

06/12 01:33
长河杳 龙沙落日融天际 扬鞭去 尘扬人倦马独嘶 岁连绵 驼铃远 平沙莽莽漠风如割 酒伴我 入喉缠绵而苦涩 天幕袭 夜沙如雪连朔漠 霜月夜 昔年羌笛寂山河 千秋梦 尘埃处 黄沙一抔指间滑落 岁月深 烟尘漫漫谁与和 或有人 金甲旧 旗半落 忆吹角 霜天恣意踏清秋 或有人 鬓斑驳 漠风皲裂草色烟波 路未尽 天地逆旅枕山河 饮 腰间粗酒一壶不觉烧却清明 待 一卷漠上月色殆尽沐晨光微醺 见 百岁人影憧憧亦或踽踽独行 觉 这长漠如川风挟沙浪四野浩冥 葡萄美酒 琵琶不休 胡旋一舞 狂歌白头 铁马冰河 半生筹谋

锦衣小盆友 枯荣歌词

11/09 15:14
(大乔)春花几开落 韶华几蹉跎 夜半拈得偈语半句入墨色 (小乔)窗外雁阵过 一带斜阳瑟 赤壁矶头依旧火红如昨 (大乔)细雨敲着寂窗 是不是你难忘红缨枪 打翻妆奁我慌遮头上几缕白霜 容以目光为掌 再一次 再一次 抚摸你的脸庞 (小乔)弹起了凤求凰 曲误处你却未曾张望 冰凉盔甲我为你藏了一对鸳鸯 穿着它赴战场 我相信 我相信 江东月光应是老来长 (大乔)枯坐观灯蛾 蛛丝床古佛 空托杯樽朱颜醒后骨寒彻 (小乔)风書草地蛇 页页是漂泊 浮世枯荣死后将待如何 (大乔)细雨敲着寂窗 是不是你难忘红缨枪 打翻